読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子エンジニア

毎週好きなこと書きます。

potatotips#39 @CyberAgent Androidまとめ

potatotips.connpass.com

参加ブログです!ご来場いただいたみなさまありがとうございます!

https://pbs.twimg.com/media/C9SKmpCUAAEySTc.jpg:large

iOSがfastlane fastlane android スターホシさん

speakerdeck.com

  • だいたい今ならfastlaneだよね
  • fastlaneあればgradleのことできる
  • Googleに参加したので今後も期待
  • fastlaneわかればだいたい同じ資産使える

iOSでも使えるし、誰かが職人になればプロジェクトにサッと導入できそうで惹かれてきました。 オペミスはなくなるし、うまくやればSlackからも変更できるから自動化プロセスに組み込みたいですね。

Android Javaの既存プロダクトをKotlinで書き換えている話 / shanonimさん

  • kotlinで勢いを出したい
  • 開発速度が上がると思い
  • Databindingの知見少ないので増やしていこう
  • もくもく会やるよ

oi-study.connpass.com

僕は最近、既存プロダクトへの導入を見送ったので「俺のぶんまでたのんだぞ…」って気持ちで聞いてました。 最初から導入もしくは全体に一気に導入できないと、後から来た人の理解を妨げるだけだろうなというのが大きな理由です…。

AutoDisposeとRxLifeCycleの話 stsn_jpさん

docs.google.com

  • Rxの忘れがちなキャンセルを任せられる
  • takeUnyilオペレーターに依存してる
  • Disposableの挙動と違う
  • AutoDisposeでおk
  • ストリームを解いてしまうので困る
  • RxJava2じゃないとダメだから辛い

めっちゃ便利だなぁとしみじみ。まずはRxJavaのバージョンをあげるところからです…

Sending Simple Data to Other Apps / imakeiさん

www.slideshare.net

  • Gridのシェアのボトムシートを使いたい
  • createChooserでできる

これAmazon Kindleとか自作しててめちゃ使いづらいからぜひ対応して欲しい笑 こんな記事前書きました。

blog.kaelae.la

What’s new in Android O WindowManager / KeithYokomaさん

speakerdeck.com

  • DroidKaigiの内容が 2/3 deprecated(つらい)
  • 代わりのフィールドができた
  • ColorfulAndroidで書いた
  • 参加ブログ

potatotips #39 に行ってきた - Celeste Engineer

発表ネタも参加ブログの投稿もさすがのスピードでした。O触りたいんですがエミュレーターでうまく動かせなかった勢です… WindowManagerを扱うアプリなどは要注意ですね。広告関連も面倒そうですね…。山戸さんが嘆いてました。笑

俺たちが欲しかった
下タブはコレジャナイ / Keisuke Kobayashiさん

speakerdeck.com

  • 公式下タブはクセがすごい
  • サードパーティーよい
  • FABあるならAHBottomNavigation
  • BottomBarはいいぞ

みんな一度は考えて実装して悩んで、support libraryに疲弊する流れは鉄板ですね。懇親会でもこの話題で盛り上がりました。

support libraryチームのみなさんも頑張ってると思うので応援しつつ、サードパーティー使うのが今のベストかもしれないです。 どれがいいだろう?と迷うときは我らがこにふぁーさんの神レスで救われるかもしれません。

Autofill Framework magiepoohさん

  • 使うのは一般ユーザーは無理そう
  • CustomViewとかはつらいかも
  • エミュレーターがバギーなのでちゃんと確認できないよ

エミュレーターちゃんと動かなくて、ふわっとした発表でも人気者なのでなんのそのでしたね。 AutoFillで思い出したのは、LINEがやってるSMS到達時に勝手に入力してくれる機能めっちゃ便利じゃないっすか? あの世界線に行きたい…


以上です。
会場の設備問題多くご迷惑おかけしたので、今後は改善していきます!

2017/4/13 #potatotips (iOS/Android開発Tips共有会) 第39回 - Togetterまとめ

この宣伝もめちゃくちゃありましたね笑 同期や先輩が書いているのでぜひ!

モバイルアプリ開発エキスパート養成読本 (Software Design plus)

モバイルアプリ開発エキスパート養成読本 (Software Design plus)

  • 作者: 山戸茂樹,坂田晃一,黒川洋,藤田琢磨,山田航,田坂和暢,熊谷知子,森本利博,坂本和大,小形昌樹,鈴木大貴,志甫侑紀
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

要点で学ぶ、デザインの法則150読んだ

 

要点で学ぶ、デザインの法則150 ?Design Rule Index

要点で学ぶ、デザインの法則150 ?Design Rule Index

 

 読もうと思ったのはこのツイートみたこと。

 

 

これは!ってなり、直感で買った。

Less and more.

 

こんな冒頭から始まるので、読んでみた感想を一言で表すと、「ノンデザイナーズデザインブックより断然こちらをみる方がタメになる!」という感じ。ハンドブックサイズなのでデスクに常駐させてもいい。

 

デザインってキーワードが入ってるから、デザインを仕事にしてる人向けだと勘違いされやすいのがもったいないかもしれない。

(逆にノンデザイナーズデザインブックはグラフィカルデザイン基礎とでも名前を変更したほうがわかりやすい気が…)

この本にはグラフィカルデザインに留まらない、人が感じる、普遍的な事物の美しさを抽象化した法則や人間の特性、情報設計の基礎が書かれている。

 

そして何よりこれらの内容が認知心理学、数学、物理学、統計学といった学問をベースとした理論に基づいているため、洗練されつつソフトウェア開発やグラフィカルデザインにも応用できる耐久性を備えているものが多い。

 

ソフトウェア開発でよく聞くものを上げれば

  • 80:20の法則
  • アクセシビリティ
  • 開発サイクル
  • ダニングクルーガー効果
  • フィーチャークリープ
  • ゲーミフィケーション
  • kissの原則
  • ライフサイクル
  • プロトタイピング
  • サンクコスト効果

などについて書かれている。

 

デザインに関しても

  • アライメント・エリアアライメント
  • 近接

といった、ノンデザイナーズデザインブックにあることから

  • 輪郭線バイアス
  • アフォーダンス
  • 閉合
  • フェイス率
  • 黄金比
  • メンタルモデル
  • プライミング

のような無意識に感じている様々な理論が紹介されてる。

 

それぞれを説明をするのはこの本のルールに反するので、気になった人はぜひ読んで欲しい。

 

読んでいてソフトウェアと小説って似ているかどうか考えた話を書く。

 

ソフトウェアと小説

本で紹介されていた一つにストーリーテリングというものがあった。ストーリーテリングとはある事柄を説明するときに物語を用いることだ。物語には設定筋書き登場人物世界観があり、それらによって生み出される心象、感情によって伝えたいことを相手に植え付ける。小説も物語だ。これを読んでいたとき、優れたソフトウェアは小説のようであるという話をたまに聞くことを思い出した。

この二つは共通点は多い。例えば

  • 読者が理解できるように書く
  • あることを伝える(実現する)文字の連なりである
  • より優れた表現をするために推敲される

などがある。なんだか似ているような気がするが、持論では小説の中でも似ているものと似ていないものがあるだ。(ソフトウェアに似た小説はあるが小説ではないと思う)

もっとも似ていないなと思う部分は、ソフトウェアには筋書きがないことだ。

 

小説は起承転結、三幕構成であることが多く、ミステリー小説はこれがかなりわかりやすい。設定、世界観、登場人物を一章で書き、二章では筋書きが始まる、話が転じて暗雲が広がる三章、結末を迎える最後になる。構成がはっきりしているので、ソフトウェアはミステリー小説に近いだろう。

 

そして、ソフトウェアはつまらないミステリー小説かもしれない。つまらないミステリー小説とは転じるところがなく結末が先にわかるものだ。読みやすく、書いてあることが容易に理解できて、メンタルモデルに反しないものが優れたソフトウェアだとするとかなりつまらないミステリー小説だと思う笑

 

読書所用時間:約3時間
オススメ度:★